中国・福建省に食品開発のラボを設立

長瀬産業は中国・福建省において、NAGASEグループが取り扱う食品素材を用いたレシピ開発やお客様へのプレゼンテーション・講習会等のコミュニケーションを行う施設として、「長瀬食品素材食品開発中心(厦門)」をオープンしました。

同施設は、林原のアプリケーション開発ラボ「L'プラザ」が初めて海外に進出するもので、長瀬産業の中国販売拠点である深セン長瀬貿易有限公司 厦門分公司内に設置し、運営・管理は林原と深セン長瀬が共同で行います。

パン・菓子メーカーを中心とした食品メーカーのニーズを現地でタイムリーに吸い上げて食品素材の提案を行うほか、食品開発に携わる技術者研修、現地メーカーとの協業を行います。

林原からは、L'プラザでアプリケーション開発に21年間携わってきた専門スタッフが赴任し、現地スタッフと共に、「トレハ」をはじめとする長瀬が取り扱う食品素材を用いた試作・開発の提案をいたします。
また、営業・マーケティング面でも日本市場で経験を積んだスタッフが、中国市場でも日本語堪能な中国人スタッフと連携して、日本と同様のサービスを提供します。

中国に拠点のある企業の方は、ぜひ「長瀬食品素材 食品開発中心(厦門)」をご活用いただき、中国での食品開発にお役立ていただければと存じます。

「長瀬食品素材 食品開発中心(厦門)」にご興味のある方は、
mail:HB96501@hb.nagase.co.jp (株式会社林原 マーケティング部)
へご連絡ください。


また、中国における食品素材事業促進の一環として、同施設のオープンに先駆け、NAGASEグループが扱う食品素材の中国専用ウェブサイトと、中国で広く利用されているSNS「WeChat(微信)」の公式アカウント「日本海藻糖」を開設しています。
このような地域密着型の情報発信と同施設でのコミュニケーションを組み合わせながら、お客様のニーズにスピード感をもって応えてまいります。


◆NAGASE食品素材 中国専用ウェブサイト
 https://www.nagase-food.cn/


◆WeChat_QR WeCtat公式アカウント「日本海藻糖」
 (※閲覧には、WeChatアプリのダウンロードが必要です)
 https://weixin.qq.com/r/fS5mfiLE6n_VrWYd93tv


◆「長瀬食品素材 食品開発中心(厦門)」のプレスリリースはこちらをご覧ください。
 https://www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20190828.pdf