ナリンビッド®

シャープな苦みで鮮やかに際立つ本格感。柑橘由来の味質改善素材
ナリンビッド_製品写真
ナリンビッド_モノグルコシルナリンジンの構造式

ナリンビッド®とは

ナリンビッド®は柑橘由来のポリフェノールの一種である「ナリンジン」に林原の酵素技術を用いてグルコースを付加し、水溶性を向上させた味質改善素材です。飲料における沈殿というナリンジンの課題を解決し、加工適性を大幅に向上させました。切れの良い苦みを持ち、微量の添加で柑橘感やピール感、生絞り感を付与することができます。また、甘味や雑味をすっきりさせるなどの味質調整機能を持っています。
ナリンビッド®の原料であるナリンジンは摘果した幼果や落下した果実など、本来廃棄処理される農作物からつくられており、これからの時代にマッチしたサステナブルな素材と言えます。

原材料名表示

食品に使用した場合の原材料名表示の例です。

【添加物表示名】
酵素処理ナリンジン、糖転移ナリンジン、ナリンジンまたは苦味料

性状

白~黄褐色の粉末である

賞味期限

製造日より36ヶ月

保存方法

直射日光、高温多湿な場所、過積を避け、室温で保存してください。

製品形態

ナリンビッド_製品形態
1kg アルミラミネート袋入り

規格(抜粋)

ナリンゲニン配糖体量 85.0%以上(乾燥物換算)
乾燥減量 6.0%以下

栄養成分値(100g当たり)

熱量 388kcal
たんぱく質 0g
脂質 0.2g
炭水化物(糖質) 96.1g
炭水化物(食物繊維) 0.9g
食塩相当量 0g
(参考値)

利用例と効果

利用例 使用目安[ppm] 効果
柑橘系果実飲料 10-50 濃厚感・果汁感の向上
炭酸飲料 10-50 柑橘感・ピール感・生絞り感付与、甘味の後引き改善
炭酸水 30-100 柑橘感・ピール感、スッキリした苦味付与
エナジードリンク 50 濃厚感向上、雑味の低減
ノンアルコールビール
新ジャンルビール
10-30 苦み・重厚感の付与、苦味の後引き改善
酎ハイ 10-50 柑橘感・ピール感・生絞り感付与
麦茶 10-30 焙煎感向上
メープルシロップ 150 深みの付与・メープル感向上、甘味の後引き改善
チョコレート 30-50 ビター感向上、甘味の後引き改善

果汁入り飲料の味質改善

ナリンビッド_果汁入り飲料の味質改善

10%グレープフルーツ果汁飲料にナリンジンまたはナリンビッド®を30ppm添加して官能評価を行った。

味質

ナリンビッド®の苦味はナリンジンにくらべて約2倍強く、切れが良いのが特長です。

苦味強度の比較

ナリンビッド_苦味強度の比較

官能評価により、ナリンジン50ppm水溶液に対して同じ苦味となるナリンビッド®の濃度を求め、ナリンジンの苦味を1としたときの相対値を算出した。(n=12)

TI(Time Intensity)法による苦味曲線

ナリンビッド_TI(Time Intensity)法による苦味曲線

苦味強度を合わせたナリンジンおよびナリンビッド®水溶液の苦味強度の経時的な変化を、官能評価手法TI法を用いて測定した。12名で2回評価した平均から苦み曲線を求めた。

基本物性

溶解性

水にもアルコールにも高い溶解性を示します。

水100gに対する溶解量(25℃)

ナリンビッド® 200g以上
ナリンジン 0.03g

ナリンビッド®のエタノール100gに対する溶解量(25℃)

20%エタノール 200g以上
99.5%エタノール 1.54g

水に対する溶解性(25℃)

ナリンビッド_水に対する溶解性(25℃)

1% になるようにナリンジンまたはナリンビッド®を水に加え混合した。

水に対する溶解性(5℃)

ナリンビッド_水に対する溶解性(5℃)

ナリンビッド_水に対する溶解性(5℃)

150ppm、200ppmになるようにナリンジンまたはナリンビッド®を水に加熱溶解後、5℃で10日間保存した。

50%エタノールに対する溶解性(5℃)

ナリンビッド_50%エタノールに対する溶解性(5℃)

3~10%になるようにナリンジンまたはナリンビッド®を50%エタノール溶液に加熱溶解後、5℃で10日間保存した。

各pHにおける安定性

加熱、酸、光に対して安定です。

加熱安定性(121℃ 20分)

ナリンビッド_加熱安定性(121℃ 20分)

100ppmナリンビッド®水溶液を121℃で20分間加熱し、加熱前に対するモノグルコシルナリンジンの残存率を測定した。

保存安定性(55℃)

ナリンビッド_保存安定性(55℃)

1.0w/v%ナリンビッド®水溶液を55℃で保存し、保存前に対するモノグルコシルナリンジンの残存率を測定した。

光安定性(25℃)

ナリンビッド_光安定性(25℃)

0.5w/w%ナリンビッド®水溶液を25℃、4,500ルクス(昼光色蛍光灯)連続照射下で保存し、保存前に対するモノグルコシルナリンジンの残存率を測定した。