アスコフレッシュ®

酵素の力で生まれた安定型ビタミンC
アスコルビン酸(ビタミンC)の分解や着色の課題を解決します!
熱や光、酸素の影響を受けにくい!
アミノ酸やコラーゲン、鉄との組み合わせに!
アスコフレッシュ_製品写真
アスコフレッシュ_構造式

アスコフレッシュ®とは

林原の酵素技術によりアスコルビン酸にグルコースを結合させた安定型ビタミンC です。

熱・光・酸素やアミノ酸・鉄などによる酸化・分解を受けにくいため、従来ビタミンC とは組み合わせにくかった素材とのコラボレーションが可能になります。

摂取すると、小腸の消化酵素により加水分解を受け、ビタミンCとなって体内に吸収され、ビタミンCとしての効果を発揮します。

原材料名表示

食品に使用した場合の原材料名表示です。

【添加物表示】
L-アスコルビン酸2-グルコシド、アスコルビン酸、ビタミンC、V.C

外観的性状

白~帯黄白色の粉末

賞味期限

製造日より12ヶ月

保存条件

高温多湿な場所を避け、冷暗所で保存してください。

製品形態

アスコフレッシュ_製品形態
1kg アルミラミネート袋入り
10kg 缶入り(10kg ポリ袋×1)

規格(抜粋)

含量 *1 98.0%以上
乾燥減量 1.0%以下
pH *2 1.5~2.0
*1:乾燥物換算。第8版食品添加物公定書「L-アスコルビン酸2-グルコシド」による
*2:10%水溶液を測定

栄養成分値(100g当たり)

熱量 400kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 100g
食塩相当量 0g
ビタミンC相当量 52g
(参考値)

特性

水溶液のpH

アスコフレッシュは、同濃度のビタミンCに比べ、水溶液でのpHはやや低くなります。

試料 1w/v% 5w/v%
アスコフレッシュ 2.31 1.98
ビタミンC 2.64 2.32
アスコフレッシュあるいはビタミンCをそれぞれ1w/v%あるいは
5w/v%に溶解した水溶液のpHを測定した。

水溶液の着色性

アスコフレッシュは、弱酸性域から中性域における水溶液中で安定性が高いため、加熱による水溶液の着色が極めて低く抑えられます。

水溶液の着色性(吸光度)

アスコフレッシュ_特性_水溶液の着色性(吸光度)

金属イオン共存下での安定性

アスコフレッシュは、ビタミンC分子の2位水酸基がグルコース分子で封鎖されているため、酸化・還元性を示しません。そのため、金属イオンの存在する酸化的条件に対しても極めて安定です。

金属イオン共存化での安定性

アスコフレッシュ_特性_金属イオン共存化での安定性

アミノ酸共存下での安定性

アスコフレッシュは、アミノ酸との反応性が低く、アミノ酸共存下においても高い安定性と低い着色性を示します。

アミノ酸共存下での安定性

アスコフレッシュ_特性_アミノ酸共存下での安定性

水溶液の長期保存安定性

アスコフレッシュの水溶液(弱酸性~中性域)は、長期間保存した場合でも、通常のビタミンCに比べ高い安定性を示し、強酸性域ではビタミンCと同様の安定性を示します。

各pHにおける水溶液の安定性

アスコフレッシュ_特性_各pHにおける水溶液の安定性1

アスコフレッシュ_特性_各pHにおける水溶液の安定性2

アスコフレッシュ_特性_各pHにおける水溶液の安定性3

消化・吸収性

アスコフレッシュは、小腸のα-グルコシダーゼにより加水分解されて、血液中にはビタミンCとして吸収され、細胞や組織中でビタミンCとしての機能を発揮することが明らかにされています。

血中ビタミンC濃度

アスコフレッシュ_特性_血中ビタミンC濃度

飲料の色調や風味の劣化を抑制

アスコフレッシュは、コラーゲンを配合した飲料においても色調や風味の劣化を抑え、安定した品質と機能性を維持します。

色調の変化

アスコフレッシュ_特性_色調の変化

官能評価

アスコフレッシュ_特性_官能評価

55℃での安定性

アスコフレッシュ_特性_55℃での安定性

利用例

利用例 効果
食品全般、飲料、介護食・医療食、健康食品、栄養補助食品 etc. 熱・光・酸素やアミノ酸・鉄などによる酸化・分解を受けにくいため、従来ビタミンC とは組み合わせにくかった素材とのコラボレーションが可能になり、ビタミンCを強化していただけます。